1円から会社設立

新会社法により1円から会社設立が可能に

新会社法が施行されたのは平成18年5月1日になります。

従来の会社法の法律の中には、これから会社設立を行う人にとって様々な規制が在るため、株式会社設立をしたくても資本金を用意出来ないなどの理由からも、有限会社を設立すると言ったケースが多く在りました。

また、資本金だけではなく従来の会社法の法律の中には取締役を3名、監査役を1名専任する事が必須であること、資本金の払い込みを行った場合は、払い込みをした金融機関に依頼をして払い込み証明書の作成を依頼しなければなりませんでした。

金融機関は、信用取引を行うことからも新しい会社への信頼性が薄いなどの理由からも、簡単に払い込み証明書の作成に応じて貰えないケースが多く、資本金を払い込みが出来たとしても、証明書の交付が行われないため、会社設立登記が出来ない、払い込み証明書の交付が行われるまでに時間がかかるなどのデメリットが有りました。

新会社法が施行されたことで、様々な規制緩和が行われており、従来株式会社設立が出来ないと言った人でも、比較的容易に会社を作ることが出来るようになっています。
従来株式会社設立を行う場合には、最低資本金額は1,000万円と言うお金が必要でしたが、会社法が改正されたことで最低資本金額は1円から可能になっています。
1円から設立が出来るため、少ない資金でも会社設立を行うことが出来ると言うメリットが有ります。

また、従来取締役の人数は3名以上と言った規制が在りましたが、会社法が改正されたことで取締役の人数は1名、監査役については任意になっており、1人で株式会社設立を行うことが出来るなどのメリットも在りますし、資本金の払い込み証明書は通帳の記帳を行い、通帳の写しを利用して払い込み証明書の書類を自ら作成すれば登記を行えるなど、様々な部分に規制緩和が行われています。
資本金は最低でも1円と言う金額で会社設立を行うことが出来るわけですが、資本金は会社の規模を表すもので、1円と言う金額で設立を行うケースは少なく、大半の場合が300万円や500万円と言った金額の資本金を払い込みしているのが特徴です。
また、資本金は払い込み証明書類を作成する事で会社の資産として利用することも出来ると言うメリットが有ります。
従来では払い込み証明書の交付が行われるまでに時間を要していたわけですが、通帳の記帳を行うことで払い込み証明書の作成が出来るため、払い込みを行って直ぐに現金を引き出して資金として利用することも出来るようになっています。